絢爛たる殺人 知られざる探偵たち(監修:鮎川哲也 編集長:芦辺拓)

昭和20年代後半に発表された作品を集めたアンソロジー。
作者も作品も珍品ばかりで、すべて本格推理というところも個人的に気に入っている一冊。
冴え(すぎ)たプロット、大胆(すぎる)トリック、頭に?が浮かぶ謎のロジックを展開し読者を魅了すること間違いなし。(と思う)

個人的に一番読みたかったのは「むかで横町」。
山沢晴雄の「砧最初の事件」「離れた家」等を読んで以来、いつかは読みたいと思っていました。

  • ミデアンの井戸の七人の娘(岡村雄輔)
  • むかで横町(宮原龍雄・須田刀太郎・山沢晴雄)
  • 二つの遺書(坪田宏)
  • ニッポン・海鷹(宮原龍雄)
  • 風魔(鷲尾三郎)
ミデアンの井戸の七人の娘(1949年「宝石」)

秋水魚太郎が自由石工組合(フリーメイソン)の日本支部である「東方の星会館」(イースタン・スター・ロッジ)で発生した連続殺人を解決する名探偵もの。
主人公の名前の由来は、小栗虫太郎「黒死館殺人事件」に名前だけ登場する"小城魚太郎"をもじったものだといわれています。

そういう関係もあり、本作は非常に黒死館っぽい。
舞台が西洋風建築物という点ももちろんですが、ペンダトリーに彩られた文体、作中にちりばめられた宗教観念、大掛かりすぎる舞台装置、結局はよくわからない殺人方法等、黒死館=衒学的と決定づけた作風を体現させています。
(それでも黒死館に比べれば読みやいです)
また、本格ものとして(一応の)仕掛けや論理も用意されており、イメージが似ているだけで中身は独自の作風を確立しています。

黒死館殺人事件を興味本位で読み終えることができる人は本作も読んでみるといいかもしれません。
ペンダトリーをうまく作風に取り入れている稀有な作品であることに変わりはありませんから。

むかで横町(1954年同人誌「密室」)

関西を拠点とする作家3名によるリレー小説。
関東VS.関西の趣向で行った企画らしく、関東側は藤雪夫・中川透(鮎川哲也)・狩久によるジュピター殺人事件。
これは河出書房の「鮎川哲也傑作選"冷凍人間"」で読むことができます。

線路内で見つかった首なし死体の事件と舞台上で発覚した殺人を扱った通称"むかで横町の首なし事件"
個人的な見解として、前者二人の作家が独自の考えで作風を展開したため、収拾がつかなくなってしまったようにも思えました。
これをすべてつじつまが合うよう、解決編で脅威の時間差トリックで四方八方乱れ飛んだ伏線を見事に収束させたのが解決編を担当した山沢晴雄で、同人会員でさえ完全に理解することは困難だったそうです。

解決編終盤、渦中の女と警部補が会話している中、警部補の推理を否定した女が"ある人物がそれぞれ別の場所で目撃される"という矛盾の指摘をしたときはなぜか背筋が凍りました。 それと同時に、他人が創作した設定で理屈を作り、同時にそれを論理的に否定するというプロットにただただ驚かされました。
山沢晴雄が携わった部分は解決編だけであるため、"離れた家"ほど難しくなかったというところが唯一の救いでしょうか。

本作に影響を受け、鮎川哲也の「赤い密室」が加筆される等、一部で影響があったという面白い逸話もあります。

二つの遺書(1950年「宝石」)

密室殺人にしては確かに手が込んでいますが、舞台となる部屋の構成が作者と読者とで乖離しているという認識の錯誤が命取りとなっている気がします。
本作の優れている点は、日記形式で語られる人物の心理と命懸けの罠の存在でしょう。

ニッポン・海鷹(1953年「別冊宝石」)

古の封建制度を守り続ける九鬼家で発生した連続殺人を描いた本作。
事件を取り巻く概念や歴史に重厚な構成が施されており、凝った設定が第一印象に残りました。
本作にも密室殺人が同時に二つ発生しますが、互いの密室に解くヒントを残すという珍しい発想が使われており、トリック一辺倒になりがちの密室殺人にしては新鮮でした。

風魔(1958年「悪魔の函」)

病院敷地内の池の中央に存在する島から消え失せた院長の謎を、探偵小説家毛馬久利とストリッパー川島美鈴のコンビが解き明かすシリーズもの。
時代を全く感じさせない主人公コンビのやり取りが楽しく、当時にここまで先進した本格推理があることに驚いた作品でした。
以前読んだ"白魔"のトリックとそのタイトルから、本作は風にまつわるトリックとふんでいましたが、あそこまでやられると(いい意味で)感心するしかありません。