積み本の軌跡

古本屋のホームページにありそうなコンテンツNo.1。
ここでは今まで読んできた本の感想等を並べています。
読んでからやや時間を置いていることもあり、少々あやふやな点もあるかもしれませんが読書感想なんてそんなもんです。
ネタばれは(多分)ありません。

短編集やアンソロジーは長くなりそうですので下記にまとめます。
そのうち国内作家、海外作家、短編集やアンソロジーで個別のページにするつもり。

能面殺人事件(高木彬光)

刺青殺人事件とほぼ同時に執筆された本作。
作者はどちらを処女作にするか悩んでいたらしいです。
密室、呪われた家系、連続殺人、名探偵の登場等、本格推理の特徴を多く併せ持ち、最後の最後に面白い結末を用意するなど、既存の作品にとらわれない柔軟な発想が本作の長所。
作者と同名の探偵の存在はすでに例外がありますが、読み終えて初めて気づく作者独自のプロットが読者をうならせます。
探偵のくせに間が抜けていたり途中で退場してしまったりと、とことん道化でありながらなかなかに面白い(おいしい)役どころを与えられた人物でした。

また、本作には「グリーン家殺人事件」に言及する場面があり、目次がすでにネタばれとなっています。
館物という点を除けば本作との関連性はありませんが、気になる方はパラパラめくるのさえもやめておいたほうがいいでしょう。

天狗の面(土屋隆夫)

仁木悦子「猫は知っていた」と江戸川乱歩賞を競った土屋隆夫初長編。
戦後の混乱のさなか、地方に突然現れた土俗的な宗教団体とそれを利用しようとする人間の欲望から事件が発展していく本格推理です。

作者にそれほどのこだわりはないと思いますが、土屋隆夫といえば毒殺トリック。
本作では衆人観衆による毒殺という不可能犯罪が扱われており、その理屈っぽさはどこかしら地味に思えますが、その地に足がついた論理性がいかにも作者らしい。
筋だって考えれば読み手側が推理することは容易ですが、トリックが割れてしまってもその論理性は否定されないところが面白い。
後編はアリバイ崩しがメインになってきますが、巧みな伏線と大胆な発想に支えられたアリバイトリックはややあっさりしすぎな気もしますが、後編を支えるに十分でしょう。
アリバイ崩しは既定のパターンから脱却することが困難であるため、違和感をできる限りなくしたさりげない伏線に「やられた」と声を上げましょう。

殺意(フランシス・アイルズ)

クロイドン行き12時30分や伯母殺人事件と並ぶ「三大倒叙」の一つ。
主人公ビクリー博士の内面(殺人の動機、犯罪の構成、発展、進捗の過程)が驚くほど細密に語られており、サスペンス小説、犯罪小説として満足のいく作品でした。
倒叙形式という都合上、読者の視線と主人公の視線が同じであるため、読み手側は主人公の凶悪さや冷酷さを自分のことのように感じ取ることができまた、いついかなる時にでも絞首刑にされるかもしれないという緊迫感を味わうことができます。

倒叙形式を逆手(?)に取ったような想像の斜め上を行く意外な結末が面白く、スリリングな展開から同情を禁じ得ない最後を迎えます。
その不条理さを説明する場面はありませんが、説明がないからこその「最後」でしょう。

欠点があるとすればとにかく長いこと。
150ページを超えるあたりまで、妻への不満や愛人との逢引の様子ばかりが続くため、多少だれてくるかもしれません。
また、心理背景や描写がいちいち長いため、読んでいて予想以上に疲れますが、同時にこの部分が本作の長所でもあります。

ナイン・テイラーズ(ドロシー・L・セイヤーズ)

タイトルは"九転鐘"のことを指し、英国教会で実際に行われている鳴鐘術で鐘を鳴らす際の規則のこと。
本作は事件発生→推理→謎の解明の流れをくむ典型的な推理小説に属すものですが、本質は鳴鐘術の仕組み、技術、概要であり、様々な出来事や要素が入り混じる構成となっているため、推理やら謎解きやらを中心とした作品ではありません。
登場人物が意図的に情報を提供しないといった理不尽なところもあり、500ページを超えるそれなりの分厚さの割には推理小説としての印象は薄くなりがちでした。

宗教観や鳴鐘術の聞きなれない単語が飛び交い、難解で複雑な概要で多くの読者を混乱させた本作ですが、この部分がなければ古典的探偵小説といわれ称賛されることはなかったことは確かです。
セイヤーズ自身の宗教観が強く反映されており、作者自身しか作り出せない作品であることは確かといえるでしょう。
大教会から響く鐘の音の存在は非常に神秘的で、教会や宗教観が滲みだす神々しさに一役買っています。

本作は"意外な凶器"を扱った作品でもあり、凶器の特異性から他の作品では扱うのは困難ともいうことができます。
その意外性もさることながら、真相が発覚する演出も非常に印象的。
ウィムジイ卿自らその凶器の恐ろしさを体験するのですから、これ以上のない演出でしょう。
作中を取り巻く多くの概念は、死の運命に抗うことができない恐怖を"神の裁き"として具現化させるための礎になっているのかもしれません。

霧に溶ける(笹沢佐保)

デビュー間もない頃の作者の作品は、考えるかれたプロットと惜しげもなく詰め込まれたトリックが魅力です。
本作もそんな作品のうちの一つ。
OL美人コンテスト内での候補者たちの争いというやや通俗的なストーリーに聞こえますが、その中身に大掛かりな心理のトリックが潜んでおり、テンポよく進む展開が面白い。
プロットへの仕掛けと二つの不可能犯罪が本格推理好きを満足させること請け合いです。

ほぼ完璧ともいえるアリバイを持ちながら極めて短期間に複数の犯行を重ねるよう仕組まれた計画殺人は、かなり大胆な発想から生まれたものでしょう。
通常の常識をぶち破ったプロットには感心の一言といえます。
同様の趣向を凝らした作品は他にもあると思われますが、だからといって本作がその中に埋もれてしまうことはありません。
愛や憎しみといった大人の情緒を艶っぽくつづる巧みな文体も魅力の一つといえます。

密室内でのガス中毒は目撃者の動きも添えて一つ入り組んだ構造となっており、脱出不可能な建物から消えるという魅力的な謎の提示に成功しているといえるでしょう。
しかし、自室内での不自然な事故死はややその蓋然性が特殊であるためックではないため、トリックのためのトリックという感じがいなめません。
ですが、これら二つのトリックはプロットの本質を支える重要なトリックであるたね、一概にその部分だけを切り離すことができないというところにも工夫が凝らされており、トリックを使う理由を明らかにしています。

気になった点といえば、真相解明が犯人の自白から成立しているところでしょうか。
本作ではきちんと推理の過程が描かれていますが、その根拠の一部を犯人の自白から求める形になっているため、多くの推理物にありがちなスタイルになっているような気がします。
自白で明らかになる真相よりも、主人公なり警察なりが推理から謎を論理的に紐解いていく方が個人的に好みです。

タイトルの意味は最後の最後まで完全に伏せてあります。
骨格は本格推理でありながら、霧に溶けて消えゆく人生をムーディスティックに描いた作者ならではの作品であったといえるでしょう。

伯林一八八八年(海渡英祐)

1888年当時、軍医としてドイツに滞在していた森林太郎(森鴎外)を主人公とした本格推理。
高層の死角(森村誠一)や殺意の演奏(大谷羊太郎)と同様、江戸川乱歩賞受賞作にして密室殺人を扱った作品で、足跡のない雪の密室と堅牢な扉による密室の「二重の密室」が"ミステリー要素"での本作の魅力。
本格推理好きなら少し喰い意味になってしまってもしかたがありません。

乱歩賞はミステリー要素以外のテーマを(わりかし)重要視するようで、文章の扱い方は当然のこと、作中舞台の概要や人間関係、心理描写等、深くもなくまた浅くもない絶妙な記述が求められます。(たぶん)
本作では、ドイツの歴史と政治、近隣国との情勢、職業によるの貧富の差、社会思想、ストーリーに幅を利かせるロマンス等、多くの見どころがあり、これら要素を同時にかつ適度に作中に溶け込ませた作者の腕前は見事なもの。
推理小説という体面を保ちながらも、機械的な登場人物でなく人間として血を通わせ、娯楽性やエンターテイメント性を試みています。
本作を最初に読むのは江戸川乱歩賞選考員なのですから、ミステリー要素以外にも気を配る上記のような配慮はしてしかるべきでしょう。

また、作中登場するある歴史上の人物の登場により、ストーリー性が加速され、密室殺人の存在と合わせてますます興が乗ってきます。
実際、剃刀のごとくカンが鋭く、頭の切れる存在だったその人物のカリスマ性を程良く描写し、読み手側に臨場感を与えるという趣向はまさに成功しているものといえるでしょう。

しかしながら、推理小説としてにミステリー要素を存在させるには、合理的な解決やストーリーと連動した理屈が必要になります。
つまりどんなに巧みな謎を提示しても、解決やそこに至るまでの過程により、良くも悪くもなります。
本作はその部分に若干の欠点があるように思え、推理考察の不足、ややありえない犯人像、矛盾してることの説得力等など、改良の余地は十分にあるような気がしてなりません。
また、あくまで個人的な感想ですが、犯人の正体はともかく、本格推理では決してあのようなトリックは好まれないのではと思います。

高層の死角(森村誠一)

企業間の争いが多発する高度成長期時代、社会的な背景と怨恨、愛情、金銭以外の社会的動機を示した社会派推理小説の要素を取り入つつ、密室とアリバイという古典的本格推理を展開した作者デビュー作。

密室殺人とアリバイ崩しを組み合わせた構成はにはそれほど奇抜さは感じられませんが、元ホテルマンである作者の知識、経験が深々と作中に反映されています。
インターネットも携帯電話も存在しない当時、やややぼったらしいホテルの宿泊システムですが、それらを利用した緻密なトリックは、当時を知る者、当時を生きた者にしか書くことはできないでしょう。
今や大作家である作者最初の推理小説として著名なタイトルですが、乱歩賞受賞作という経歴を抜きにしても、本作の強烈な出来栄えはゆるぎないものといえるでしょう。

乱歩賞選考員は本作の密室トリックを褒めていますが、個人的には後半から怒涛のごとくなだれ込むアリバイ崩しに軍配を上げたいところ。
アリバイを崩せば崩すほどさらなるアリバイの壁が立つふさがり、刑事たちは壁を乗り越えた喜びとぬかよろこびによる落胆を幾度となく味わうことになります。
ややテンポを崩した構成になっていますが、アリバイ崩しはこうでなくてはなりません。
アリバイ崩し攻略のヒントとなる発想も特に不自然に感じることなく、いかにも刑事の執念による追求を演出しているところが素晴らしい。
特に「レジスターカード」を中心とした論理構成に舌を巻きます。
論理に破綻がなく、24時間営業のホテルの特性を取り入れた本作一番の見どころといえます。

しかしながら、鉄道ではなく航空機を利用したアリバイにやや不都合があるように思えます。
航空機に搭乗するには必ず予約が必要となり、当然名前を名乗る必要があります。
いくら偽名で搭乗しても、搭乗記録を事後的に追跡出来てしまい、ローラー作戦による"偽名を使った不審人物"の存在は浮き彫りにされてしまいます。
結局のところ、犯人はその足跡をごまかすために遠回りによる目くらましをしなければならず、その部分に別の意味合いを加えてはいますが、やはり欠点として目立ってしまうところがやや残念。
また、ホテルの受付係が一ヶ月以上前に訪れた客の顔や動作を覚えているというところもやや不自然。
接客のプロとしてしまえばそれまでですが、ただでさえ一日何人もの宿泊客の顔を見るわけですから、鮮明に記憶しているほうが逆に不自然でしょう。

本格物はこだわればこだわるほど粗が目立ちます。
本作にもそのような部分はありますが、とんでもなく重厚で緻密な推理小説であることは疑いの余地はありません。
また、その粗をいかにプロットや構成でフォローするかという部分にも工夫が見られ、作者の苦心は手に取るように感じます。
謎の提示とありきたりな解決だけでは満足しない作者の本格推理への理解度やこだわりを感じることができるでしょう。

スペイン岬の謎(エラリー・クイーン)

国名シリーズ後期作。
推理小説の事件にはたいてい不可解な状況はあり得ますが、本作はマントを着た裸の死体という、輪をかけた不可解さをどう料理するかが最大の魅力。
たっぷり400ページ以上費やしエラリ-が導き出した回答は帰納的推理による見事なものと感じますが、どこかしら引っかかるのは、推理の根拠と事実の背景に逆説が潜んでいるからかもしれません。
歩くために走り、走るために歩くことを説明することは容易でなく、長編でこの諧謔さを扱うことは困難でしょう。

また、登場人物は少なめですがその多くが秘密を持ち、重要な事実をひた隠しているという構成がやや本作を煮え切らないものにしている気がします。
次第に推理の材料が集まって行くというプロセスを構成に取り入れた作品は山ほどありましょうが、本作はそれがやや目立ち過ぎるきらいがある。
別の質問から新事実を引き出す構成なら問題なかったのかもしれません。
また、第二の事件(?)に対しての言及がもう少しほしいところ。

緑は危険(クリスチアナ・ブランド)

ドイツの爆撃機が爆撃を食らわせる空の下、負傷者を収容する病院内で発生した連続殺人を扱った犯人当て。
小気味なユーモアや古典作品に通ずる知的センスといった、同時期にデビューしたヘアーやクリスピンと同様の要素を絡めつつ、謎を順序良く配置し論理的な構成美を見せてくれるのがブランドの魅力。
本作に至っては、たださえハードルが高い連続殺人とフーダニットという本格推理要素を屈指のパズラーがどう展開させるのか、読む前から非常に楽しみでした。

立て続けに発生する事件を通じて、絡まった糸のスマートなほどき方のような一貫した謎解きを試みたことに、ブランドの本作における意欲がうかがえます。
連続殺人の犯人当てである以上、犯行動機が重要視されるのは当然ですが、最初の事件の動機をクライマックスまで温存しておけるというテクニックが心憎い。
その理由を事前に察知できる猶予が与えられているところも作者の計算のうちでしょう。
また、動機なき犯行に見える不可解な状況の論理的な解明の構成がどこか逆説っぽくて興味深い。

論理面でインパクトがあるのは手術室でのワンシーン。
被害者が残した証拠品を違和感なく消滅させるその手法に、ブランドが本格推理黄金期を継ぐ正当な後継者である資質を持っていることに気づかされるのです。

歯と爪(ビル・S・バリンジャー)

叙述トリックの名作ということをどっかで聞き、とりあえず購入しておいた作品。
これらの類の作品は「アクロイド殺人事件」や「十角館の殺人」ぐらいしか読んでなく、それほど興味があるわけでもないため、期待せずに読み始めましたが、いざ読み終えてみるとこれは叙述トリックではなく、倒叙物とサスペンスを織り交ぜた作風でることに気づきました。
あらすじを読む程度では叙述と考えてしまうのも仕方のないことですが、実際はというと...、いやはやなかなかスリリングな作品、名作という噂は嘘偽りのないものでした。

本作では奇術師リュウの日常と、運転手殺しの裁判の様子が交互に差し込まれており、終盤になって一本の筋のつながるストーリーになっています。
このような不規則なストーリーの進め方を作中に取り入れたということよりも、常に先の展開を意識させる記述の盛り上げ方が素晴らしく、ことさらひねりのきいた意外性との相性が作風にマッチしています。
こうきたか、と読者に思わせるプロットはそれほど珍しくはありませんが、この作者の手によるとここまでサスペンスが研ぎ澄まされるかを実感しました。
リュウの微笑ましい日常を描いた序盤と、結末へ二転三転する終盤との間にかなりの温度差があったことも、サスペンスの効果的な演出であったことも付け加えておきます。